ゆず【マボロシ】のフル視聴・配信/カップリングや曲の独自解釈!

音楽情報

ゆずの新曲「マボロシ」が11月16日に発売されました。

この「マボロシ」はNHKドラマ「昭和元禄落語心中」の主題歌になっています。

そんな「マボロシ」の配信のフル視聴方法やカップリング曲や歌詞についての独自解釈をしていこうと思います!

 

-PR-

☆ゆずのマボロシを無料でフル視聴する方法☆
うたパスに登録する
②ゆずで検索、他のアーティストも聴き放題
③30日以内に解約すれば料金発生なし!
【無料】ゆずの曲を聴く※30日以内に解約すれば一切の料金発生なし

ゆず【マボロシ】の配信フル視聴するには?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

azamさん(@ma_ba_2441351)がシェアした投稿

 

ゆずの「マボロシ」は11月16日にリリースされていて、

NHKドラマの「昭和元禄落語心中」の主題歌にもなっています。

この「マボロシ」という曲、実はCDでの発売ではありません。

「配信リリース」となっており、定額制音楽サービスでしか聞くことしかできません。

そこで、ここからは、無料で「マボロシ」をフル視聴する方法を紹介します!

 

ゆず【マボロシ】無料でフル配信を視聴する方法①

 

まず、「うたパス」に登録します。

すると以下のような特典がついてきます。

・30日間無料で聴き放題
・ライブ先行/無料招待特典
・毎週4000以上のプレイリスト更新
・火曜日はカラオケが割引

特にこの特典の中でおすすめなのが、

「30日間無料聴き放題です。」

これがあれば「ゆず」以外のアーティストが聞き放題になります。

またゆずの「マボロシ」以外の曲も聴き放題です。

昔の曲から最新の曲まで聴き放題!

 

ゆず【マボロシ】無料でフル配信を視聴する方法②

 

うたパスに登録後は【検索】ですぐに「ゆず」と調べれば、

たくさんの曲が表示されるので好きな曲を視聴しましょう!

30日前に解約すれば一切料金は発生しません

なので、一度登録してみて気に入らなければ、

すぐに解約できて料金が発生しません。(30日以内)

 

こういう音楽定額サービスは試してみないと何とも言えません。

なので、一度試してみて納得すればそのままにしてもいいし、

気に入らなければすぐに解約すれば問題ありません。

 

いきなり、怪しいセールスをしてきたと思われるかもしれませんが、

この方法は本当にお得に曲を視聴する方法なので試す価値ありです

 

☆ゆずのマボロシを無料でフル視聴する方法☆
うたパスに登録する
②ゆずで検索、他のアーティストも聴き放題
③30日以内に解約すれば料金発生なし!
【無料】ゆずの曲を聴く※30日以内に解約すれば一切の料金発生なし

 

ゆず【マボロシ】にカップリング曲はあるの?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆきえさん(@happy_yukie_0120)がシェアした投稿

 

先ほどもお伝えした通り、この「マボロシ」は、配信リリースです。

なので、音楽定額サービスなどのサイトでしか配信されていません。

CDの発売などであれば「カップリング曲」が収録されていてもおかしくありませんが、これは「マボロシ」のみの配信なのでカップリング曲は存在しません。

ファンとしてはカップリング曲、結構楽しみだったりしますが、最近は配信リリースが多いので、カップリング曲がないことが多い気がします。

恐らくCDが売れなくなっているので、こういう方法にチェンジしたのでしょう。

 

ゆず【マボロシ】のピンポイント歌詞を解釈!

ゆずの「マボロシ」久々のバラードという感じですね。

ここでは、気になる歌詞をピンポイントで独自解釈していきます!

ちなみに、「昭和元禄落語心中」のあらすじはこんな感じです。

昭和初期、落語の世界に入った八雲は、同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏を引き取る。小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。

引用:https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/html_rakugo_midokoro.html

 

ゆずの「マボロシ」は恐らくこの内容に合わせて作っているはずです。

鮮やかに今 目の前蘇る
すべてだった 憎んで愛していた
あの日のまま あなたはマボロシ?

作詞:北川悠仁/作曲:北川悠仁

個人的にこの部分はとても気になりました。

八雲は助六とは堅い友情で結ばれており、助六と後々結ばれるみよ吉にも支えられてきた。

ただ、八雲はみよ吉が好きででもみよ吉は助六が好きで、そんなみよ吉を憎んでいたけど愛していた。

というような変わった愛の表現をここではしているのかな?と感じました。

ただ「昭和元禄落語心中」がどういった作品かはわからないのでここは予想で解釈しています。

 

愛していたのに、亡くなってしまい、マボロシを見てしまう。

そのような意味で「マボロシ」とタイトルをつけたのではないでしょうか?

 

この記事に関してのまとめ

ゆずの「マボロシ」はゆずっぽくないバラードです。

ただ、「昭和元禄落語心中」を見ながらこのマボロシを見ると「グッと」くるような気がします。

この歌詞には深みや重みがあり心がキュッとなりますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク