リーガルVの小鳥遊翔子の弁護士資格剥奪理由とは!?過去に…

リーガルV

リーガルVを見ていて主人公の小鳥遊翔子はなぜ、弁護士資格を剥奪されたのだろう?と疑問に思いませんか?

私も、とても疑問に思ったので、今回は

リーガルVの小鳥遊翔子が弁護士資格を剥奪された理由について語っていこうと思います!

スポンサーリンク

 

【リーガルV】小鳥遊翔子の弁護士資格剥奪理由とは?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Legal_Vさん(@legalv2018)がシェアした投稿

 

ドクターXの際は

【私失敗しないので!】

という強気なセリフが決め台詞でとても流行りましたよね。

ただ、リーガルVでの決め台詞が期待されましたが、特に目立つ決め台詞はありませんが!

個人的には

【え~だってあたし弁護士資格ないんだも~ん】

が決め台詞?なのかなと個人的に思っています(笑)

 

なにかと、このセリフを使っているな~と。

 

このセリフでも言っているように、

小鳥遊翔子は弁護士資格をを剥奪されているんです!

ドラマで、主人公が弁護士じゃないなんてあまりないですよね。

そういった意味ではリーガルVって珍しいドラマ設定なのかなと思っています。

 

しかし、なぜ小鳥遊翔子は「弁護士資格を剥奪されたのでしょうか?」

 

もともとは、大手弁護士事務所「Felix&Temma法律事務所」に勤務していた小鳥遊翔子。

しかし、

「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」

こんな理由から、弁護士資格を剥奪されFelix&Temma法律事務所を退社しています。

ただ、ドラマの設定上

真相は謎に包まれている

と書かれているので、これが本当の理由ではないでしょう。

 

弁護士会のドン・天馬は小鳥遊を嫌っていた?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Legal_Vさん(@legalv2018)がシェアした投稿

 

小鳥遊翔子が弁護士資格剥奪された理由は

天馬が小鳥遊を嫌っていたからでしょう。

ここからは個人的な予想を述べます。

 

小鳥遊翔子はFelix&Temma法律事務所でも優秀な人材だったでしょう。

昔は青島を面接していたということから、人事の担当もさせてもらい優秀な地位にいたのでしょうね。

天馬壮一郎はどんな手を使ってでも勝ちを取りに行け!という人間です。

それとは反対に、

小鳥遊翔子は「現場百回」というドラマが好きなように、

現場をみてどんな証拠でも見つけ出して、正しい方向で勝ちを取りに行く。

 

恐らく、天馬壮一郎と小鳥遊翔子はお互いの考えが違いぶつかり合っていたのではないでしょうか。

自分の考えに従えないものはいらない・・・

と思った天馬壮一郎はどんな手を使ってでも「小鳥遊翔子をおとしいれる」と考えていたはずです。

 

それで、恐らく変な噂を流され・・・

弁護士資格を剥奪されたのではないかと。

 

しかし、小鳥遊翔子は逆にFelix&Temma法律事務所を辞めれてよかったと思っているのではないでしょうか。

その方が

復讐ができるから

お金に目のくらむ小鳥遊翔子ですが、

実は誠実でしっかりと無実の人を助けたい!そう思っているに違いないと思います。

小鳥遊翔子は天馬のような悪を弁護士会に残してはいけないと思い復讐して消えてもらうことを企んでいるのかもしれませんね。

 

 

この記事に関してのまとめ

これが私が考えた「小鳥遊翔子の弁護士資格剥奪理由です。」

本当の剥奪理由は恐らく、最終回などで明かされるでしょうが、その時はしっかりと本当の理由をここに書いていこうと思います。

もちろん、私の考えが当たっているといいな~という気持ちです(笑)