リーガルV(ドラマ)の1話ネタバレと感想!2話のあらすじも!

リーガルV

米倉涼子さん主演のリーガルV。

「ドクターX」ファンからはかなりの期待をされているのではないでしょうか。

ドクターXで米倉涼子さんが演じた「大門未知子」。どうしてもそのイメージがついてしまっていますが、それを超える「小鳥遊翔子」は完成するのでしょうか。

それでは、気になる1話ネタバレの感想と2話のあらすじをまとめていきます!

スポンサーリンク

 

リーガルV第1話のあらすじ~ネタバレまで

 

期待がかかるリーガルV。

どのように、「ドクターX」を超えてくるのか?
「ドクターX」より出演者が少々若めの方が多いので心配ですが、もしかすると「ドクターX」を超えて、「リーガルV」の続編もあり得るかもしれません。

それでは早速、リーガルVの第1話あらすじを紹介していきましょう。

●リーガルV:第1話あらすじ●

若手弁護士の青島圭太(林遣都)は依頼人の母が敗訴という原因で自殺に追い込んでしまう結果になり激しく落ち込み、断崖絶壁に立っていた。

しかしそこへ、喪服の女性小鳥遊翔子(米倉涼子)がやってきて、青島の腕をつかみ「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」と告げた。

その後、あなたをスカウトしに来たと伝え、「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と語った。
そして、この場所に明日来てと伝えて去っていった。

一方、京極雅彦(高橋英樹)は翔子から事務所を始めません?と言われ、大学教授を辞める日を迎えていたのだ・・・
しかし、翔子と連絡が取れず騙されたのではと焦る。

そして翔子が「弁護士資格を剥奪されたこと」や「大手弁護士事務所 Felix & Temma法律事務所をクビになったこと」などを知り、ヤメ検弁護士の大鷹高志(勝村政信)に相談していた。

詐欺では困ると思い、必死に翔子の居場所を調査すると住所がわかった。
そこには「京極法律事務所」と書かれた表札と看板があり、悩んでいた京極もすっかり舞い上がってしまう。

その頃、青島は翔子に伝えられた住所に向かおうと思うが、その途中の駅ホームで「痴漢騒動」に出くわしてしまう。

一流企業「君島化学」の社員で安田勉(児島一哉)が若い女性の三島麻央の「お尻を触った」という痴漢騒動に発展していたのだ。
安田は必死に「やっていない」と無実を主張するもやはり痴漢は被害者が有利。

しかし、そんな安田を見過ごせない青島は安田の弁護を引き受けるのだ。

引き受けたが、後日、送検されてしまうという事態に!困った青島は翔子に相談するも「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」と告げる。

しかし、安田の【ある一言】に翔子は目の色を変えたのだ・・・・!

目の色を変えた翔子だが、もしかすると安田はどこかのお金持ち?と推測される。

翔子は「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」と言っているので、やはり儲けはほしいはずです。

きっとそのある一言に「お金の匂い」がしたのでしょう。

 

これは推測なので違うという可能性もありますが、今の段階では、翔子はとても優しい人物には思えませんし、腹黒いのではという印象までもてます。

 

一体、どういった展開を見せるのか、気になります。
また、ゲストが出演しているあたりから1話完結ということも推測できます。

 
スポンサーリンク
 

リーガルV第1話の感想について

 

1話放送前のため、こちらのあらすじ更新は10月11日以降になりますのでご了承ください。
coming soon….

 

リーガルV第2話のあらすじ

 

1話放送前のため、こちらのあらすじ更新は10月11日以降になりますのでご了承ください。

 

coming soon….

 

リーガルVに関しての他の記事もあります

リーガルV10月11日1話の女優・俳優の衣装や小物などを紹介!
...
リーガルV(ドラマ)の主題歌は誰?歌手名や曲名・歌詞まで調査!
...
リーガルV(ドラマ)の原作や脚本・演出が気になるので情報をまとめたよ!
...
リーガルV1話に児嶋一哉がゲスト出演!林遣都に助けてもらう!?
...

 

【まとめ】リーガルVの今回の記事について

 

まとめに関しても全ての内容が出そろい次第記載していきます。

 

スポンサーリンク