ちょい生の中止理由が気になる!導入店舗での再開はいつ?

気になるニュース

セブンイレブンの一部店舗で発売される「ちょい生」ちょっと仕事帰りに飲みたい方や休みだしお昼から飲んでしまおう!という方にはおすすめのサービスですよね。

しかしこの「ちょい生」が提供前に中止となってしまいました。

一体その理由とはなんだのでしょうか?また、導入店舗での再開はいつになるのか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

ちょい生とは

「ちょい生」とはセブンイレブンの一部店舗で試験導入されている「生ビールサーバー」のことです。

7月の17日より提供開始となっており、なんと価格はSサイズで100円という安さ!コーヒーと変わらないので手軽にビールが飲めますよね。

セブンイレブンでおつまみを買って100円のビールを買えばどこかへ行って飲むということがなくなるので節約にもなりますね。

ちなみにMサイズは190円だそうです。

どちらにしても安くおいしいビールを飲めるのでいいサービスですね。

ちょい生が提供中止になった理由とは?

7月17日から提供される予定だった「ちょい生」しかし、そのちょい生が、提供中止になったのだとか。

セブンイレブンの店舗は本部からの指示で提供を中止しているようですが、本部からは中止になった理由などは告げられていません。

 

そこで、今回はどういった理由で中止になったのか予想をしていきます。

車で来る人が多いから

都会の街中にあるコンビニは駐車場がないので徒歩で行ったり自転車で行くという方が多いですが、都会から外れると車で行く人が圧倒的に多いので、そういった店舗にビールサーバーが置いてあり、普通に購入して車に乗って飲酒運転。

という事態を起こしかねませんね。

また、飲酒運転の確認をするのが難しいことからトラブルが増えるという予想が多いです。

店員の負担が増えるから

ビールサーバーを設置したところで、嬉しい人はいますが、正直、店員さんからすると負担は大きいですし、酔っぱらって絡んでくるお客さんや、たむろするお客さんなどコンビニが最悪の状況になる場合もありますね。

年齢確認が難しい状況にある

居酒屋などでは、「年齢確認」をさせられますが、コンビニでは年齢確認が難しい状況にあるでしょう。

そんな中で未成年の方がビールを普通に購入して飲酒するという環境を作ってしまうとかなりの批判をうけるでしょう。

ビールサーバーの動きが悪い

そもそも、ビールサーバーの動きが悪いという可能性があります。

試験導入なので、導入したけどしっかりと動くことが確認できないなどの問題があります。

そのため、一部の店舗全てで一度中止をして見直そう!という考えになった可能性がありますね。

ちょい生導入店舗はここ!

 

セブンイレブンでは導入店舗の公表はしていないようですが、以下の店舗にビールサーバーがあるという情報がありました。

 

セブン-イレブン 三鷹牟礼6丁目店

セブン-イレブン 新所沢駅東口店

 

もしかすると、他の店舗も行っている可能性があります。

あまり人が来ない店舗よりは人通りが多く会社が多く並ぶところのセブンイレブンなんかにはある可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

導入店舗での「ちょい生」再開はいつ?

 

ちょい生の提供が中止になっていますが、再開はいつになるのでしょうか?

店員さんとしてはちょい生の再開を待ち望んでいない方が多いでしょうが、お客さんはちょい生を待ち望んでいた方が多いでしょうね。

しかし、色々な問題が発生しているかもしれない状況ですぐに再開ということはないのではないでしょうか。

早くても3日~1週間程度かかるではと予想しています。

 

【まとめ】ちょい生は賛否両論

ちょい生は飲みたい!という方にとってはかなりの安い価格で提供されますし、コンビニで手軽に飲めるので嬉しい方が多いようです。

一方で店員さんや一部の人から見れば「コンビニ付近の治安が悪くなりそう」「たむろする人が増えそう」「酔っ払いの客が増えて店員の負担が増える」など否定的な意見も多かったです。

コンビニで手軽にビールはいいように見えて、実は面倒なことが多いのかもしれませんね。

もしかすると再開せずそのままなくなる可能性もあるでしょう。

 

スポンサーリンク