朝比奈耕作シリーズ2のキャストやロケ地は?視聴率も調査!

ドラマ

どうも!ベアーちゃんです♪

今回は2018年3月12日放送の

【朝比奈耕作シリーズ鳥啼村の惨劇】

について紹介していこうと思います。

・朝比奈耕作シリーズ2のあらすじ
・朝比奈耕作シリーズのキャストと
 メインの出演者の役柄を紹介 
・ロケ地&視聴率も紹介

こういったテーマで注目していこうと
思いますので、
最後までお付き合いくださいね。

 

スポンサーリンク

朝比奈耕作シリーズとは

 

朝比奈耕作は【俳優:小泉孝太郎】さんが
主演のドラマになっています。

朝比奈耕作はミステリー作家という設定。
作品を書くために毎日起こる事件は欠かさずにチェックし、
新聞の記事などを切り取り保存している。

そして刑事には嫌われる行動。
現場検証までも行ってしまうという厄介な人物。

そんな朝比奈耕作が事件を解決していく。
というストーリー。

以前にもシリーズ1として
【花咲村の惨劇】というタイトルで
2016年6月6日に放送されていました。

恐らく視聴率もしくは反響があったのか、
シリーズ2ということで帰ってきています。

朝比奈耕作シリーズ2「鳥啼村の惨劇」のあらすじ

 

ミステリー作家の朝比奈耕作(小泉孝太郎)
自身の著書【雉啼島(きじなきじま)の惨劇】の
ドラマ化オファーのため担当編集者 高林智里(南沢奈央)
一緒にテレビ局に向かいます。

そこではドラマの撮影中に毒で亡くなった俳優の
事件を追っている中沢(阿南健治)という刑事に出会う。

そこで、中沢から、

【鳥啼村(とりなきむら)見聞録】

という題名のノートを渡されるのだ。

毒で亡くなった俳優が持っていたものだと
知らされる。

そのノートの中身は
20年前に亡くなった民俗学者・耕作の父、
耕之介(佐戸井けん太)が書いた内容だった。

そして、ドラマ撮影のロケ地が鳥啼島ということから、
耕作は不気味な偶然で興味に惹かれ、
父の古くからの知り合い、

心理学者の尾車(里見浩太朗)
鳥啼村のことを聞いたのだ。

すると尾車は

「鳥啼村は耕之介が最も恐れていた村」

ということを伝えられる。

耕作はなぜ父がその村に恐れていたのか、
気になるためドラマのプロデューサー
柿沼(デビット伊東)、脚本家の窪田(阪田マサノブ)
主演を務める俳優の結城翼(上遠野太洸)
結城のマネージャーで鳥啼村出身の鳥神翔子(雛形あきこ)

と一緒に撮影の下見として、鳥啼島に訪れたのだった・・・・

キャストとメインの出演者・役柄紹介

 

メインキャスト

 

朝比奈耕作:小泉孝太郎

 

 

このドラマの主人公で
ミステリー作家。刑事でも探偵でもないのに、
事件を解決していく。

 

高林智里:南沢奈央

 

朝比奈耕作の担当編集者

 

夏目椿:阿南敦子

 

家政婦

 

朝比奈耕之介:佐戸井けん太

 

朝比奈耕作の父親で、元民俗学者。
20年前に亡くなっている。

 

小野田一郎:足立尭之

 

中沢刑事の部下

中沢義信:阿南健治

 

刑事

 

尾車泰之:里見浩太朗

 

 

朝比奈耕作の父、耕之介の
古くからの知り合いで教授。

 

ゲストキャスト

 

鳥神翔子:雛形あきこ
鳥神姫羽:小柳ルミ子
鳥神京子:遠野なぎこ
鳥居猿彦:永澤俊矢
羽鳥三都子:千葉雅子
鳥神純子:篠原ゆき子
太田柊一:吉田智則
横田康介:鈴木正幸
柿沼正二:デビット伊東
結城翼:上遠野太洸
窪田六郎:阪田マサノブ
岩下吾郎:モロ師岡
太田しず江:池田道枝

 

スポンサーリンク

 

朝比奈耕作シリーズ2のロケ地

 

多々戸漁港

 

 

住所:〒415-0028 静岡県下田市吉佐美多々戸

爪木崎

 

住所:〒415-0014 静岡県下田市須崎

 

朝比奈耕作シリーズ2の視聴率

 

前回の朝比奈耕作シリーズ1の
【花咲村の惨劇】の視聴率は9.2だったそうです。

今回も恐らくそれくらいの視聴率が
予想されるのではないでしょうか?

視聴率は放送後わかり次第、
更新していこうと思います。

 

スポンサーリンク