山勢拓弥(情熱大陸)バナナペーパーって?大学やクマエについて!

山勢拓弥(情熱大陸)バナナペーパーって?大学やクマエについて!

どうも!ベアーちゃんです♪

今回は2月4日に放送される、
情熱大陸で紹介される

山勢拓弥さん

に注目していきます!

バナナペーパーとは何か?
大学はどこに通っていたのか?
クマエってどんな法人?

などに注目していこうと思います!

では、最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

 

山勢拓弥のプロフィール

 

 

・生年月日:1993年8月9日
・出身地:東京都足立区
 ⇒2歳の時に福岡県遠賀郡岡垣町

小学校の時の夢は【サッカー選手】
北九州でもトップレベルの「私立明治学園中学校」に入学。

努力を重ねた結果、北九州トレセンのメンバーに選出される。
顧問とのトラブルでサッカーを辞める。

そのまま、高校は私立明治学園高等学校に入学。

大学については後程詳しく紹介していきますね!

 

昔はサッカーが本当に得意だったようですね。
中学での顧問とのトラブルがなければ、
もしかするとサッカー選手になっていた
可能性は高いですよね!

ちなみに私立明治学園高等学校は
偏差値が68とレベルが高いようです!

運動もできて頭もいい。
さすがですね!

 

山勢拓弥(情熱大陸)のバナナペーパー事業って?

 

 

先ほどはプロフィールを紹介しましたが、
次は山勢拓弥さんが行っている

バナナペーパー事業

について紹介していこうと思います!

バナナペーパーとだけ聞くと、
全くイメージがわかなかったので、
個人的にもとても気になりました♪

バナナペーパーは、

バナナの茎の繊維を使って、
作られている紙のようです。

そのバナナペーパーを使いカンボジアで
事業を行っているのが、

山勢拓弥さんなんです。

カンボジアはごみ処理を行うところがありません。
なので、ごみは山積み。

そのごみの中に子供たちが入っていき、
稼げるものはないかと探すのです。
しかもそのごみの山には
使用済みの注射器などが普通にありますし、
悪臭も凄いのだとか・・・

そんな光景をみた山勢拓弥さんは、
このゴミ拾いをしなくても生活できるように
ならないか?と考えた末に出来たのが、

バナナペーパー事業だそうです。

つまりバナナペーパーで収益を増やし、
雇用をしていく。

という事業のようですね。

 

確かに、衛生的に悪いごみ山に
子供が入っていくといのは
本当に危険だと思います。

もし、もっとバナナペーパー事業が
広がれば、こういう子供たちが増えていかないので、
いいですよね!

 

山勢拓弥さんにはもっと頑張って、
バナナペーパー事業を広めていってほしいですね!

 

山勢拓弥の出身大学はどこ?

 

山勢拓弥さんは中学高校と普通に卒業しているのですが、

高校の時にサッカー部に入り、
2年生の時に主将になったようです。

そして、明治学園初の2部リーグへ導いた、
経歴をお持ちのようです!

しかしここであることが起きます。

「サッカー部の悪口を言われ、相手を血まみれに」

してしまったようです。

このことが原因で、
【某有名大学】の推薦が取り消されたようです。

某有名大学が気になりますが・・・w

その後、獨協大学に通っていたのですが、
2012年に入学し2013年の10月には
中退しているようです。

その理由と言うのが、
この事業を行うためにカンボジアへ向かうから。

 

カンボジアへ向かった後は、
カンボジアの大学に通いながら、
バナナペーパー事業を行っています。

現在も在学中とのことです♪

何事も熱心で、
尊敬してしまいます!

 

スポンサーリンク

 

拓弥が設立したクマエとは?

 

山勢拓弥さんは一般社団法人クマエを
2013年の7月に設立しています。

設立してからすでに3年が経過しています。

先ほど紹介した、
バナナペーパー事業をこのクマエが
行っている。

という状態です。

委託販売を行い今では、
7店舗ほどで販売してもらっているようです。

また、日本語学校も設立しているのだとか!

 

ごみ山で働かなくても、
暮らしていけるように・・・

山勢拓弥さんは本当に素晴らしい方
なのではないでしょうか!

普通は自分の生活で精いっぱい。
人の生活なんか考えられない。

となるはずなのに、
ごみ山で働く人たちをどうにかしよう!
と動いてしかも海外で。

 

人として本当に尊敬してしまいます!

ではでは~

 

スポンサーリンク

 

情熱大陸カテゴリの最新記事