吉良よし子の夫は路チューの相手だった!写真やハゲが気になる!

政治家

どうも!ベアーちゃんです♪

今回はニチファミ!に出演する、
政治家の吉良よし子さんに注目していこうと思います!

この方結構やらかした方なんですね~w
そのやらかし方が凄いので、色々調査しましたよ。

 

吉良よし子の夫は路チューの相手だった!
キス写真やハゲが気になる!

 

について色々調べてみましたので、
最後までお付き合いくださいね♪

スポンサーリンク

 

吉良よし子の夫は路チューの相手だった!

 

 

ニチファミに出演する、
吉良よし子さんですが、

まずは知らない!という方のために、
簡単にプロフィールを載せていきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

名前:吉良よし子(きら よしこ)

生年月日:1982年9月14日

出身地:高知県高知市

所属政党:日本共産党

出身校:早稲田大学第一文学部

前職:宝印印刷社
   田村智子 秘書

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

吉良よし子さん、
過去には結構やらかしたという方なんですね~w

ちなみに今の時代の

セクハラや不倫問題

に匹敵するほどでもないのですが・・・

 

でも政治家としてどうなのかな?
という感じはしますねw

ここ日本ですけどという気持ちになること。

 

それが

 

路チューですよ!

 

吉良さんは過去に、共産党員の方と、
路上チューをしているところを
週刊新潮さんにスクープされているんです!

 

2014年の3月のことなので、
そんなことあったけ?と
忘れている方もいると思いますが、

というか私は知りませんでした(笑)

 

政治家の方で路チューって
いいのかなって思いますし、
なぜ、そのような方が処分されなかったのかな?

という疑問も生まれてきます。

 

この路チューがスクープされていたとき、
共産党は気のゆるみが多かったのか、

幹部しか見れないメモが流失したりなど、
色々と不祥事があったので、
処分という意見もあったようです。

 

ですが、

当時、共産党は

ニコニコ堂が出演
ゆるキャラ作り
志位委員長がTwitter開始

これらのイメチェンを図ってきたのに、
独身の恋愛で処分。

ともなると
「国民がえ・・・なんで?
独身だからいいじゃん。」

引くのでは?

ということから、

処分はなくなったようです!

 

確かに、独身の恋愛ですし、
することは自由ですけど・・・ね。

不倫どうしの路チューは完全にアウトですが、
独身だったからセーフだったのでしょう(笑)

 

ちなみにこの路チューの相手は、

現在の夫「共産党の松嶋祐一郎」

と言う方。

 

この路チューを撮られた、
9か月後には結婚をしているのです♪

 

写真を撮られた当時も

吉良さんは「交際しています」

としっかり公言していたようですね!

 

もしこれで路チューの相手じゃない方
と結婚したなら

「チャラい」

なんて言われていたかもしれませんね(笑)

 

 

 

キス写真が気になる!

 

先ほどから、「路チュー」
「路チュー」とずっと言っていますが、

写真はないのか!

と突っ込まれそうなので、
そのキス写真を載せますね!

 

 

結構、熱いキスをしていたようですよ(笑)

 

海外とかならまだしも、
ここは日本ですし、
日本の文化もありますし・・・

個人的には引きますね(笑)

 

家でやってくれ!と言いたくなります。

 

あ!別にリア充じゃないから
とかじゃないですよ(笑)

 

ま、でも結婚してよかったと思いますね!
この2人・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ちょっとハゲてきてる?
おでこが広い?

 

吉良よし子さん、

共産党のアイドル!

と昔から言われています。

 

そして、かわいい!と思う方も
多いようですね♪

そのような方からは怒られるかもしれませんが、
少しハゲてきている?

と思われているようですね・・・

 

ん~確かにおでこは広いなと思いますね。

 

でもここ数年で髪の毛が減った。
という感じでもなさそうなので、

これはもともとおでこの広い方

 

ということで判断してもいいかもしれませんね・・・

 

まとめ

 

・路上キスで世の中を騒がせた
・今の夫は路チューの相手!松嶋祐一郎だった
・ハゲてきているのではなく、もともとおでこが広い

いかがだったでしょうか。

今までに政治家で路チューをしてきた
方は不倫している方。

と思っていましたが、
普通に独身の方でもこういうことって
あるんですねw

 

でも政治家なので、

こういうスクープには気を使ってほしいですね!

 

というわけで、
最後ま読んでいただき
ありがとうございました!

 

スポンサーリンク