痛風は女性がなりにくいは嘘!食事で予防や治療方法を調査!

病気

どうも!ベアーちゃんです♪

ここ30年間で女性の痛風が4倍!
というニュース・・・。

これは嫌だな~
なりたくない!と思い、

食事で予防する方法や
もしなった時の治療方法。

そもそも痛風とはなんなのか?

について語っていこうと思います♪

最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

痛風ってなに?

 

そもそも痛風ってどんな病気なの~?
という方に簡単に説明していきますね♪

痛風とは・・・

尿酸が体に溜まり、
それが結晶になり激しい関節炎として
症状に現れる。

痛風という漢字の通り、

風が吹いても痛い!

という痛みだそうです。

痛風になったことが
ないのですが、
風が吹いても痛いって。
ちょっと耐えられないかもしれません。

痛風の原因って?

 

もちろん、健康的に生活していれば、
痛風にはなりません。

ある生活習慣が、
痛風になるリスクを高めているのです!

・仕事でストレスが多い
・食べ過ぎ
・とても激しい運動をしてる
・肥満

これらが原因で
血液中の尿酸の濃度が上がり、
痛風に・・・

ということになるそうです。

特にプリン体を多く含む食材を
多く摂取していると

痛風になりやすいそうです。

プリン体が含まれている
食材は「うま味成分」が強いのだそうです。

例えば、

・レバー
・魚卵
・内臓(ホルモン・肝など)
・エビ

などなど・・・

確かにおいしそうな物ばかりw

私なんかはホルモンが好きなので、
要注意かもしれません(泣)

痛風は女性がなりにくいは嘘!

痛風は男性の病気だから、
関係ないや~

なんて思っていると危険かもしれません!

確かに、
女性は痛風になりにくいんです。

その理由というのが、

女性ホルモンの関係

女性ホルモンは痛風の原因にもなる、
尿酸値が高くなるのを抑えてくれる効果が
あるのだとか。

とは言いつつ、
ここ30年間で女性の痛風は
なんと・・・

4倍!

になっているそうです。

怖いよ~
なりたくないというのが
率直な感想です(笑)

なぜ女性の痛風が増えたの?

 

女性ホルモンが尿酸値抑えてくれるなら、
大丈夫でしょ?
と思ってしまいますよね。

じゃあ、なぜ女性の痛風が増えたの?

その理由は簡単で・・・

女性も働く機会が増えてきて、
会社でのストレスなども多くなってきて
います。

他にも、

会社帰りのストレスを発散するために、

アルコールをたくさん飲んだり、
それに合わせて、

焼鳥やもつ煮込みを・・・

という女性が増えてきているので、
痛風になる方が増えているのだとか。

いわゆる、

女性の男性化です!

男性化したくない。
というのが正直な感想。

では、

痛風にならないためには、
どのように予防していけばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

痛風にならないための予防!

結論から言いますと、

プリン体を含む食べ物は
多く摂らない!

これが予防には一番です♪

他にも、

・水分を多く摂ろう!
水分を多く摂ることにより、
尿酸を排出させれる為。

・野菜をたくさん摂ろう!
野菜などには
尿酸をとかすことが出来るので、
必要です♪

・アルコールは控えよう!
アルコールで尿酸が上昇してしまうので、
控えましょう!

これからのことを
試してみて、痛風の予防に
役立てましょう♪

痛風になってしまった時の治療方法は?

予防しても、
痛風になりやすい方もいると思います。

しかし、どんな治療するんだろう?

なんてちょっと怖くなってしまいますよね。
痛いことはやめて欲しいですw

 

痛風発作が起こっている時は、
抗炎症薬(NSAIDsやコルヒチン)を用いて治療します。

発作が治まっている時は、
痛風のもとになっている高尿酸血症の治療を行います。
生活習慣の改善です。

他にも、
プリン体の少ない食事・飲酒制限・食事や
運動による肥満の解消といった生活習慣の改善を第一に行います。

これらを行っても尿酸値が低下しない場合は薬物療法も考慮します。

引用元:いしゃまち

ということだそうです。

最近は医療も発達して、
すぐに治るようですね♪

痛いことされなくてよかった~
と一安心です(笑)

まとめ

 

・痛風は風が吹いても痛い!
・うま味が多い食材は要注意!
・最近では女性も仕事の
 ストレスや食生活で痛風になりうる!
・予防は食生活の改善!
・治療法は難しくない♪

痛風はこれからの時代、
男女どちらもなる可能性がある!

という感じですね。

女性だから痛風にはならない。
と思っていると危険かもしれないので、

日頃から食生活などの
改善はしていきましょう♪

 

というわけで、
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

スポンサーリンク