赤木春恵の死去はガセだった!現在は要介護4でパーキンソン病!

芸能

どうも!ベアーちゃんです♪

今回は、爆報!THEフライデーで
特集される、

「赤木春恵」さんについて

注目してみました!

 

赤木春恵の死去ってガセネタだったの!?

現在は要介護4で、
しかもパーキンソン病!

 

について調べてみましたよ!

最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

 

赤木春恵のプロフィール

赤木春恵さんと言えば、

「金八先生」「渡る世間は鬼ばかり」

などが有名ですよね♪

金八先生では校長先生役をやっていたので、
知っている方も多いでしょう!

というわけで、
プロフィールを見ていきましょう。

 

名前:赤木春恵(あかぎ・はるえ)
本名:小田章子(おだ・あやこ)

生年月日:1924年3月14日

出身地:中華人民共和国吉林省長春市

血液型:B型

身長:152cm

職業:女優

まさか、

中国出身とはびっくりでしたw

1947年には

東映のプロデューサー「栄井賢」さん

という方と、

ご結婚されていて、
その方との間に娘さんがいらっしゃるようですね♪

その娘さんが、
爆報フライデーに出演して、
病気について語るようなので、

気になりますね!

 

死去してはいなかった!?ガセはどこから!

 

赤木春恵さんはテレビから、
急に消えてしまったので、

亡くなったのでは?

という憶測が独り歩きしていたようですね。

 

結論から言いますと、

亡くなってはいません!

 

亡くなったという情報が流れたのも、
恐らく

2015年の9月に自宅で転倒し、

大腿骨を骨折したことが原因だと

思われます。

 

年齢も年齢なので、
若い人と違い、

骨折の修復も遅いでしょう。

それゆえに、

復帰が困難になり・・・

実は亡くなったのでは!?

なんていう噂が広まったのでしょうね。

 

これがガセネタの原因でしょうね!

 

でも芸能人の方って、

昔、有名で

 

老いてきて、

テレビへの出演が減ると、

すぐ「亡くなったのでは!?」

と噂されるんですね。

 

もし、エゴサーチしていたら、
自分で落ち込みますね(笑)

 

スポンサーリンク

 

 

現在は介護が必要で、パーキンソン病患っていた!

 

先ほど、

2015年9月に大腿骨を骨折と
言いましたが、

実はこれが原因で、

現在は要介護4

だそうです。

要介護4は、
普通に生活するのが困難なレベル。

入浴・排泄など

こういうことは困難だそうです。

 

やはり、

老いてからの骨折は相当大変のようです。

 

私の曾祖母(ひいばあちゃん)が
骨折してから、

完全に介護が必要になってしまいましたね。

骨折する前まで、
元気で普通に動けていたのに。

 

やはり、

老いてもしっかりと、
筋肉をつけたりなどしたほうがいいのかも
しれませんね。

 

少し、話がそれましたが、

要介護4の赤木春恵さんですが、

 

実は「パーキンソン病」も患っているのだとか!

 

パーキンソン病といえば、

止まっているのに、
手は震えている。

という症状があるようです。

 

症状が悪化すると、

「寝たきり」

という状況にもなるようです。

 

パーキンソン病は進行を遅れさせる
ことができるようですが、

 

治療をしない場合は
進行が早いのではないでしょうか。

 

赤木春恵さんご本人は
復帰を望んでいるようなので、
頑張ってほしいですね♪

 

まとめ

 

赤木春恵さんは亡くなってないですし、
まだまだ元気だと思います!

体は自由が利きませんが、
復帰の気持ちがあるので、
これからも

頑張って治療に専念してほしいですね!

 

女優への復帰は難しくても、
ナレーションなどはできると思うので、
そういう方向でも頑張っていって
ほしいです♪

 

スポンサーリンク