薩摩錫器(すずき)の特徴や値段・価格は?オススメを紹介!

次はこれが流行る!

どうも!ベアーちゃんです♪

今回はテレビ「マツコの知らない世界」で
紹介される、「薩摩錫器(さつますずき)」

に注目してみます!

薩摩錫器(すずき)の特徴や値段・価格は?
オススメを紹介!

について調べてみましたよ♪

最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

 

薩摩錫器(すずき)の特徴や値段・価格は?

出典:http://www.nipponselect.com/shop/g/gF01680001/

皆さん、薩摩錫器ってご存知ですか?

マツコの知らない世界で紹介されるようなのですが、
どうやら

普通に水を飲むより、
薩摩錫器で水を飲んだ方がおいしいのだとか!

 

これは買うしかないでしょ!
と私は思ってしまいましたねw

 

やはり、おいしい水飲みたいですからねw

 

というわけで、なぜおいしくなるのか?
そして、
他にも特徴があるので調べてみましたよ!

 

水がおいしくなる理由!

まず気になっていた水が
おいしくなるマジックw

ってマジックでもなんでもないのですが、

実はこれの種明かしをすると、

「イオン」が関わってきているようです!

イオンってあの商業施設の方じゃないですよ(笑)

 

原子とか科学系の「イオンです」!
そんなのわかってるわw

って怒られそうですが・・・
そんなことは置いといてw

 

薩摩錫器は

金の次に「イオン」効果が高い!

 

のだとか!

 

しかも、

この薩摩錫器に使っている

「錫(すず)」

という素材は、

不純物を吸収するという
特性を持っているようで、

水を浄化する効果があるようです♪

 

熱伝導率が高い!

 

錫(すず)という素材は

熱伝導率が高いので、

冷たい物も温かい物も
いい温度で楽しめるようです♪

 

ですが、薩摩錫器の特徴を見ていると、
恐らく、冷たい飲み物の方が
向いているのかな~
と思いますね。

 

特に薩摩錫器の紹介HPには

「冷酒」

をオススメしているので、
これが一番オススメなのかもしれません!

 

体に安全な金属!

 

錫は体に安全な金属なので、
お子さんなどにも安心のようです。

 

私は安いタンブラーを使っているのですが、
たま~に

金属臭がするんですよねw

 

でも、薩摩錫器なら、
金属臭も少ないという特徴が
あるようです♪

 

値段・価格は?

 

ここまでいい特徴を聞くと
欲しくなってしまいますが!

 

「薩摩錫器」

という名前からして高そうですよねw

 

気になる値段ですが、

 

ぐい吞みなど
小さい薩摩錫器は比較的価格が安く、

4000円~6000円

くらいになっています。

ですが、
普通のコップ並みの大きさを
購入しよう!と思うと、

9000円~20000円

くらいは普通のようですw

 

伝統的な物のようなので、
これは仕方ないかもしれませんね。

 

でもこの薩摩錫器で
おいしく水がいただけるなら
買っちゃうかもしれません(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

オススメを紹介!

 

薩摩錫器と言っても、
様々な会社が作っているので、
正直、購入を考えている方は

「悩む」

と思いますw

というわけで、
今回はオススメの薩摩錫器を
紹介していこうと思います!

 

大辻朝日堂のタンブラー

 

 

大辻朝日堂さんの

薩摩錫器は昔からの技法作っている、
国内では唯一の会社だったそうです!

ですが、
2017年の3月いっぱいで
閉店しているんです。。。

なので、今ある在庫を手に入れないと、
大辻朝日堂さんの薩摩錫器は手に入れれない
ということです。。。

 

マツコの知らない世界に紹介されるので、
恐らく注文が殺到するので
購入はお早めに!

 

岩切美巧堂のタンブラー

 

この会社は、
有限会社で小さい会社なのですが、
閉店をしていないので、
唯一「薩摩錫器」が手に入るところです!

 

大辻朝日堂さんの
薩摩錫器がなくなっても、
ここでは購入できるので安心を!

 

ちなみに岩切美巧堂では

錫を使った様々なものが売られており、
タンブラーもおすすめなのですが、

茶筒や箸置き、ボールペンなども
おすすめですね♪

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

薩摩錫器私も色々と調べてみましたが、
個人的に気になってきてしょうがないですw

 

小さい時から、
田舎で地下水を飲んできたので、
都会に住むとおいしい水が恋しく
なるんですよね~

 

だから少しでも水をおいしく
させるために、

薩摩錫器が欲しくなりますね・・・w

 

自分のご褒美に買ってしまいそうです!

 

というわけで、
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました♪

 

スポンサーリンク