兼高かおるはハーフ?若い頃の写真や女学校を調べた!本名は?

芸能

どうも!ベアーちゃんです♪

今回は徹子の部屋に出演する「兼高かおる」さんについて注目します!

・兼高かおるはハーフ?
・若い頃の写真や女学校を調べた!
・本名が気になる!!!

について調べてみました♪

スポンサーリンク

 

兼高かおるはハーフなの?

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名前:兼高かおる(かねたか・かおる)
本名:後ほどご紹介します!

生年月日:1928年2月29日

出身地:兵庫県神戸市

血液型:O型

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

正直、兼高かおるさんのことは全くわかりませんでしたが、
今回調べてみると素晴らしい人なんだな~と思いましたね♪

というわけでご紹介していきますね!

 

兼高かおるさんは1928年に兵庫県神戸市で生まれます。

神戸市と聞けば品があるという感じですが、
まさに兼高かおるさんはそんな感じですよね。

品がある方という風に見えます!

 

兼高かおるさん何が凄いって、

1958年に スカンジナビア航空主催の

「世界早回り」

というのに挑戦するんです!

世界早回りって想像しただけで、
なんか凄そう!と思いますよね!

とりあえず世界を早く回るという競技だそうです♪

ちなみに記録は、

73時間9分35秒

だそうです!

 

早いのか遅いのかというのはわかりませんが
きっと凄いことなのでしょう(笑)

 

そんな世界早回りに挑戦した兼高かおるさんですが、
1959年には

「兼高かおる世界の旅」

というTBSの

レポーター
ナレーター
プロデューサー
ディレクター

を務めたそうです!

凄いですよね。

全てを行うってそう簡単なことではないですよね!
尊敬してしまいます!

その後はさまざまな賞を受賞しています。

文化庁芸術選奨新人賞
日本女性放送者懇談会賞
外務大臣表彰受賞
菊池寛賞受章
文化庁芸術選奨文部大臣賞受賞
紫綬褒章受章

人生でこんなに賞をもらえたら、
個人的に嬉しいですし自慢しちゃいそうです(笑)

 

2004年には

日本国際ツーリズム殿堂

入りをします。

この殿堂入りは

旅行スタイルの形成に貢献してきた先人

が登録されるようです。

 

ということは兼高かおるさんは
旅行でのスタイルを形成してきた人!

旅行のスペシャリストということでしょうね♪

 

で、兼高かおるさんを紹介したところで、
本題になりますが、ハーフなの?
ということで疑問に思う方がいるとおもいますが。。。

兼高かおるさんハーフなんです!

 

だからきれいなんだ~って納得ですよね♪

ちなみに父親がインド人母親が日本人

ということだそうです!

 

こちらの関連記事もどうぞ!
兼高かおるの現在や父親や家系を調査!美人だけど結婚してる?

 

 

若い頃の写真や女学校を調べた!

 

ハーフだったということが分かったところで、
現在の写真もありますが、若い頃の写真もみたいですよね♪

というわけでご用意しましたよ~♪

 

 

え~~~~~~♪

キレイすぎるでしょ!
きっとお父さんもお母さんも綺麗だったんでしょうね♪

 

こんなにキレイだと学校でもモテモテなんだろうな~
と考えてしまいます。

 

次は気になる兼高かおるさんが通っていた学校を
紹介していきますね♪

 

学校ではモテモテなんだろうな~
と思ったのですが、

女学校に通っていたようです!

 

香蘭女学校

というところに通っていたようです♪

 

なので、もしかすると、
あの女学校にかわいいこいるらしいよ~
なんて噂になっていたかもしれませんね♪

 

スポンサーリンク

 

本名も気になる♪

 

先ほどもお話ししたのですが、
兼高かおるさんはハーフということ。

ということは「兼高かおる」という名前に
違和感を感じませんか?

なんで、全部日本の名前なの?って。。。

実は兼高かおるって芸名なんです!!!

 

普通に聞くと本名っぽいですよね!

で、本当の本名は

兼高ローズ

というようです♪

 

ローズって名前いいな~♪

かわいいので羨ましいです!

 

顔もかわいいし名前もかわいいってずるいって
思ってしまいます(笑)

 

まとめ

 

・兼高かおるはハーフで賞を合計で6つももっている!
・若い頃はとてもキレイで女学校に通っていた♪
・本名は兼高ローズってかわいい名前!!!

いかがだったでしょうか?

もうハーフでかわいくてローズという名前もかわいくて、
嫉妬しそうです(笑)

 

それにしても旅が好きって凄いなって思います。
私は体が弱いので、ちょっと環境がかわると
弱りますが、旅行に何回も行けるというのが羨ましく思います♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク