第1弾:賃貸選び!こんなマンションはダメ!経験してみて思った事。

体験談

今回は私も苦い経験をした賃貸の選び方をご紹介します。

賃貸選びって本当にしっかりとした方がいいですよね。
今のマンションに住んでとてもそう思っています。。。

それでは、こんな賃貸はだめ!というテーマで、
私が経験した経験談も交えながら紹介していきたいと思います。

✓こんなマンションがいい!条件は?

マンション1

賃貸のマンションを選ぶのに色々な条件を考えませんか?
例えば…

・とりあえず駅が近い
・築年数が浅い
・新築
・お金に困ってるから、敷金、礼金0で!
・古くてもいいからリノベーションしていてほしい
・和室がないマンション
・トイレはウォシュレット付きで!
・お風呂は広いのがいい。
・オートロックで。
・治安がいい…etc

さっと考えてこれだけ思いつきました。
皆さんはどんな条件を賃貸のマンション選びにしていますか?
お財布との兼ね合いもありますが…

—————

[adsense]

—————

✓賃貸選びに失敗体験談。

今住んでいるマンション築15年くらいなんです。
結構、古いっちゃ古いですが、リノベーションか何かして壁とかは新しいです。

◆水回り◆

キッチン、洗面所の蛇口はひねるタイプ。
北海道で住んでいたマンションは新築だったのでそちらと比べてしまい
少々不便。料理する人なら理解していただけると思いますが、
汚れた手で蛇口ひねりたくないんですよね。。。

少し贅沢かもしれませんが、蛇口のひねりが汚くなってしまうのです。

◆和室◆

畳は結構な具合でボロボロですよw
なぜ、変えないのかと思うくらい。。

あと!和室の部屋に住んだことが無くてわからなかったのですが、
天井が薄いせいかとっても上の音が響く響く。。。

普通の話し声、ケンカの声、テレビの大音量、夜の営みの音。。。w

もう本当にびっくりですよ!
築年数が古いというのもあるせいか和室の部屋だけ音が筒抜けです。

◆差し押さえ。。。◆

マジ

一番面倒だったのが、このマンションの支払いが出来なくて裁判所に差し押さえとなることに。。
大家さんがマンションのローンを何か月も払っていなくて差し押さえ的な感じです。

ある日、ポストに裁判所から直接郵便が入りました。

「このマンションは差し押さえられています。
裁判所から指示があるまで、大家さんに家賃は払わないようにお願いします。」
「この部屋の状況などを見るために○日はご在宅ください。いない場合鍵を開け家を見ます」

んん!?なんと?
これは何かの詐欺では?と思い怖いなーと思っていました。

書類の内容は色々な情報を記入して返送するという事でした。

いやいや、かなり怪しいよ!放置しておこうと
彼と相談し、放置することに。。。。

 

その返送書類の締め切り前日、オートロックなのに玄関のドアに裁判所の名刺が刺さってる~!

本当に怖くなって、お迎えさんに聞く事に。。。

「私も、他の人と話したけど、本当見たいですよ。」

と、色々管理会社の話やらで少し盛り上がり退散。

「こんなことあるんだね。」と彼と唖然とした顔で会話。

 

そして、裁判所の方が家に来る日。
裁判所の方1人と家を鑑定する方2人で来ました。
色々家を見て写真もとって行きました。

この日私だけでは不安なので、彼にも仕事を休んでもらい一緒に対応しました。

こんなこと人生で初めてなのでぐったりでした。

 

そして未だに新しい大家さんは決まっていません。

—————

[adsense]

—————

✓おわりに。。。

今回はここまでにします。
次回は管理会社との体験談+賃貸マンション選びのコツを
ご紹介したいと思います。

こんなマンションはだめ!こんな管理会社はだめ!
など、今までの体験談も踏まえご紹介します。

ご覧いただきありがとうございました。